電話相談で確認する

病院の基本情報を確認

心療内科では、初診の前に電話で簡単に症状のヒアリングなどを行う場合があります。数ある心療内科の中から通う先を選ぶにあたって、この電話相談は大きな手掛かりになります。予約はどの程度取りやすいのか、臨床心理士は常駐しているのか、治療はどのように行うのかなど、疑問に思っていることがあれば質問して確認しておきましょう。
予約が取りづらい病院は、人気があるということなので信頼はできますが、早めに診てもらうことも重要なので、数ヶ月以上待たされる場合は他の病院も探してみましょう。また、治療については臨床心理士によるカウンセリングが可能かどうか、漢方を取り扱っているか、自立支援制度が利用できるかなどを確認しておきましょう。

対応の丁寧さや雰囲気を確認

電話相談でも、対応の丁寧さや雰囲気はある程度わかります。話す相手は必ずしも実際に診察を担当してもらうことになる医師とは限りませんが、病院の雰囲気は電話対応をする事務の人にも反映されます。じっくりと話を聞いてくれて、安心して話すことのできる病院を選びましょう。対応が機械的だったり、じっくりと話を聞く姿勢がなかったりする場合は要注意です。
心療内科は、内科や歯科といった日頃から通い慣れている病院とは違ってハードルが高いと感じる人も多いでしょう。通う前に感じる様々な不安を払拭してくれるような電話対応をしてくれる病院は、患者に寄り添いができているといえるのではないでしょうか。初めに感じた違和感は、通い続けていく中で徐々に大きな違和感に変わっていくことがあります。直感を大切に、相性が良いと思える病院を選びましょう。